旅券

旅券について

●2023年3月27日以降、旅券申請の一部はオンラインでも行うことができるようになっています。
●オンライン申請された方は、手数料支払い方法として、クレジットカードによるオンライン支払い(日本円建て)、または、従来通り窓口でのカナダドル現金支払いのいずれかをお選びいただけます。
●新しい旅券のお受け取りは、従来通り、申請者ご本人に当館窓口にお越しいただき、ご本人確認を経て手渡しいたします。
●詳しくは、このページ後述の「オンライン申請の場合」をご覧いただくか、外務省のウェブサイトをご覧ください。

オンライン申請における切替申請手順はこちらをクリック
オンライン申請(切替申請)の動画による手順説明はこちらをクリック

 2022年4月1日以降、有効期間が10年の旅券を取得できる年齢が、20歳以上から18歳以上に引き下げられています。また、旅券の発給申請にあたり、親権者の同意が不要となる年齢も20歳から18歳に引き下げられています。

【2023年3月27日以降の申請に関するお知らせ】
2023年3月27日から改正旅券法令が施行されています。これに伴い、同日以降の旅券申請に関して、以下の点にご留意ください。

1 戸籍謄本の提出
●旅券申請手続に戸籍が必要な場合、戸籍謄本の提出が必要です。戸籍抄本認められなくなりました。
2 査証欄(ビザページ)の増補の廃止
●今後は、旅券の査証欄に余白がなくなった場合でも増補はできません。(1)有効期間が元の旅券の残存有効期間と同じ「残存有効期間同一旅券」、あるいは、(2)切替申請として新たな旅券(5年又は10年の有効期間)のいずれかの発給申請をしていただくことになります。
3 旅券発行後6か月以内に受領せず、再度、旅券を申請する場合の手数料について
●旅券を申請したが、発行後6か月以内に受領せずに同旅券が失効した場合で、失効後5年以内に新たな旅券を申請する際は、手数料が通常より高くなります。
4 申請書の変更
●3月27日から、旅券発給等のための申請書の様式が変更されています。同日以降、古い様式の申請書は使用できません。

外務省のホームページもあわせてご覧ください。
外務省:旅券に関するご案内ページ

オンライン申請の場合

1.ORRネットを通じた在留届の提出

(1)旅券のオンライン申請は、ORRネット上で行う必要があります。まだ在留届を提出されていない方は、まずはORRネットを通じオンライン在留届をご提出ください。また、過去に紙媒体(E-mail含む)で在留届を提出している方は、次の手順でORRネット化することが可能です。

【書面で提出された在留届のORRネットへの切替え方法】
<ステップ①>ORRネットで在留届を改めて新規提出してください。
<ステップ②>新規提出後、必ず当館領事班まで、「書面で提出した在留届からORRネットへの切り替えを希望する」旨、Eメールでご連絡ください。
<ステップ③>当館にて、書面で提出された在留届を抹消するとともに、在留届を書面で提出されていた日をORRネットで登録された在留届に転記します。

(2)すでにORRネットから在留届をオンライン提出済みの方におかれては、在留届の登録内容が最新であるかどうかまずご確認をお願いします。特に、オンライン旅券申請を行う方のメールアドレスが在留届に登録済みであることをご確認ください。

2. 必要書類

(1)必要書類については、このページにある窓口申請向けの該当項目をご確認ください。なお、各項目に記載されている「旅券発給申請書」については、システム(ORRネット)上での入力となります。

(2)旅券用顔写真については、オンライン申請用アプリを使って撮影するか、または、事前に用意しておいた顔写真データのアップロードにより行っていただくことになります。写真(印刷した現物)をご用意いただく必要はありません。

(3)カナダにおける滞在資格を確認するため、オンラインでの申請受付完了後、滞在資格確認書類のアップロードをお願いするメールを送信します。同メールを受領されたら、システム(ORRネット)上で資料のアップロードをお願いします。

(4)審査の過程で書類の不足または不備が判明した場合や、追加情報が必要と判断された場合は、当館から補正依頼メールをお送りします。メールを受領されましたら、システム(ORRネット)上でアップロードをお願いします。

(5)(ア)生まれて初めての旅券申請、(イ)過去に旅券を持っていたが、申請日時点で有効期限が切れている場合、(ウ)有効な旅券を持っているが、記載事項(氏名、本籍地等)に変更がある場合、戸籍謄本(オンライン申請日から6か月前以内に発行のもの)原本の提出が必要となります。
オンライン申請受付完了後、下記いずれかの方法でご提出をお願いします。

A. 当館窓口での提出(代理人による提出可。申請者氏名と申請受理番号を窓口にてお知らせください。)
B. 書留郵便またはそれに準ずる方法(いずれも、追跡可能なもの。申請者の氏名、申請受理番号、申請者の連絡先が記載されたメモを同封してください。)

なお、郵送中の事故・紛失につき当館は責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

3. 来館の要否

申請はオンラインで可能ですが、交付の際は、旅券申請者本人の来館が必要です。
また、当館が審査上必要とする際は、オンライン申請された後、旅券申請者本人の来館をお願いする場合があります。

4. 交付日

旅券をオンライン申請された場合、原則として、当館審査完了日の翌開館日を1日目として、5開館日目から交付可能です(※受付完了からではありませんのでご注意ください)。当館での審査が終了し、審査完了のメールが送付されるまで交付日は確定しません。

なお、当館窓口で申請した場合の旅券交付日は、申請内容に問題がなければ、原則として、申請の翌開館日を1日目として、5開館日目から交付します(例:月曜日申請→翌週月曜日交付)。

5. 更新(切替)申請における現有旅券の返納

これまでは、更新旅券の申請時に現有旅券を返納する必要がありましたが、今後は、交付時に変更となりましたので、旅券の交付時には現有旅券を忘れずにお持ちください。
現有旅券の返納がない場合、更新旅券の交付は行えません。

6. 手数料のお支払い方法

オンラインで旅券申請をされた方は、手数料のお支払い方法として、クレジットカードによるオンライン支払い(日本円建て)、または、従来通りの窓口でのカナダドル現金支払いのいずれかをお選びいただけます。

【窓口申請】新規発給及び切替発給を申請する場合

新規発給の対象となる方は,次の方です。未成年の子供の旅券申請については,こちらもご確認ください。

切替発給ができるのは次の場合です。

 旅券の取得には概ね1週間(閉館日を除く)が必要ですので,遅くとも旅券の失効する2週間前には申請してください。(切替の申請は残存有効期間が1年未満になれば可能です。)

 申請には次の書類が必要です。

パスポートに関するよくある質問(Q&A)

【窓口申請】紛失,焼失,損傷等により新規発給申請をする場合

旅券の申請には以下の書類等が必要です。

パスポートに関するよくある質問(Q&A)

【窓口申請】旅券の記載事項の訂正等を申請する場合

婚姻等により姓が変わった方,本籍地を移された方等で旅券記載事項に変更が生じたときは,大使館又は総領事館に連絡または相談してください。この場合,現有旅券を返納して新規旅券を申請する方法と、すでにお持ちの旅券と有効期限が同じである旅券を申請する方法があります。

必要書類は以下の通りです。

パスポートに関するよくある質問(Q&A)

【窓口申請】帰国のための渡航書の発給

外国にいる日本人で,旅券を紛失,または焼失した方等が緊急に帰国する必要があり,かつ,旅券の再発給を受ける時間がない場合等に発給します(カナダ国内での乗換えを除き,原則直行帰国の場合のみ)。渡航書は帰国時に失効します。

 申請には次の書類が必要です。

なお,紛失,焼失した旅券については,渡航書が発行された時点で失効しますので,日本に帰国の後,今後も旅券を必要とする場合は,最寄りの都道府県旅券窓口で渡航書を持参の上,新規発給の申請をしてください。

パスポートに関するよくある質問(Q&A)




2023年3月27日以降、オンライン在留届(ORRネット)で在留届を提出されていることを前提に、スマートフォンアプリ(「パスポート申請(海外在留邦人用)」アプリ)を使用しつつ、オンラインでの旅券申請が可能です。

窓口での申請希望の場合、必要な旅券申請書はインターネット上で事前に入力・ダウンロード可能であるほか、領事窓口でも配布しています。郵送での入手をご希望の方は,旅券申請書請求シート(こちらのPDFファイルをご利用ください。これは,旅券申請書ではございませんのでご注意ください。)と,切手(Oversize letter size料金)を貼った返信用封筒(9"x12")に返信先氏名・住所を明記したものを同封のうえ,当館領事班までご送付ください。

送付先
Consular Section
Consulate General of Japan in Montreal
1 Place Ville Marie, Suite 3333
Montreal, Quebec, H3B 3N2

旅券の申請・交付

手数料

<注>オンラインで旅券申請された方は、手数料のお支払い方法としてクレジットカードによるオンライン支払い(日本円建て)または窓口でのカナダドル現金支払いのどちらかをお選びいただけます。窓口で旅券申請された方は、手数料お支払いはカナダドル現金のみとなります。小切手、クレジットカード、e-transferでの納付は出来ませんのでご注意ください。